私が変わっても、変わらない家族はいるよ。

よくね

引き寄せの法則とか鏡の法則とかあるじゃないですか。

自分が変われば、家族は変わるとか、夫が変わる。両親が変わる。子供が変わる。

でもね、変わらない両親も

変わらない夫も

変わらない子供もいますよ。

だから自分の中を探し続けて疲れるのやめましょうよ。

両親が変わらない、この現実を作り出しているのは私だ。

私の何がこの現実を作り出しているのだろう

私の何がいけないのだろう

と自分を責めるのやめましょうよ。

そして、鏡の法則を使ってなのか、宇宙のどうのとか、潜在意識だ、ハイヤーセルフだか知らないけど

それはあなたの内側が作り出している事

あなたの内側に目を向けて、あなたの内側を変えた方が

現実を変えようとコントロールするよりも簡単です。

とかなんとか

うるせーーやって私は思うんです。

そういう部分も確かにあるでしょう。

内側を変えたら、外が変わる事だってある

だけど、変わらない外側もありますよ。

そうした時に

前の自分には戻るか、戻らないのかを決める権利が自分にはあって

どんな現実を見たいのかを決めるのかも自分にあって

何を選択するかという話なだけで

変わらない外側を変えるために、自分を変えなきゃ

自分の中のどこにこの現実を生み出す何ががあるのだって

迷い込んで今を楽しめなくなるよりも

ま、変わらん人もいるよなって

ま、じゃぁ自分は距離を置こうとか

ま、じゃあ自分はこの職場を離れようとか

さらっとつぎの楽しい場所へ移動した方が、心が楽じゃないですか?

この人とは今は難しいなー離れよ。

とか、別にあったって良いじゃないか。

友人では平気でそういうことが出来るのに

家族となると、内側、内側をやっきになって変えないといけないような気がする

そんな事はない。

親であっても

離れたって良いし

夫であっても

離婚したら良いし

子供であっても

距離を置いたって良いと思うんです。

一時的にでも良いから。

時間が経ってまた会いたくなったら会えば良いし

また自分の内側の中に何が見つけたらその時外せば良いし

一生懸命頑張って

両親と良い関係を築こうとしなくても良いし

夫とラブラブできなくて良いし

子供と仲良くなれなくても良いよ。

だから私はそれを強要しようとする人が嫌いです。

ほっておけ

その人の人生だ。

その人は自分で答えを見つけるんだから。

恥ずかしい、認めたくない自分を認めるには。

あの人嫌い!!

の中に正解があるとは良く言うけれど

私、実は男性のある行動がとても苦手だったんです。

ある行動とは、、、

俺ってすごいだろ!俺ってこんなこともやっちゃうんだぜ!!的な武勇伝。

武勇伝、武勇伝、武勇伝でんででて、、、やめましょう。

それを聞いても、はー?何言ってんだろ、ドン引き、、ありえない。カッコいいとか思ってるんだろうかって思ってました。。

思ってたにゃ?

そして、心底軽蔑し、嫌ってました。認めてほしいだなんて器の小さな男、、!!って。


その軽蔑している行動こそ、認められない自分だったりする。

武勇伝を語る男性が大っ嫌い!

と言いながら

私が女友達にしてることは、武勇伝でした。

ガーーーーーン

ガーーーーーーーーーン

ガガガガーーーーーーーーーーン

最近ちょっともやっとする事があって、なんでだろーなんでだろー

やだなーやだなー怖いなーって思って自分の内面を見つめてみたんですよ。(稲川淳二風

そしたらいた。

好かれたくて

ちょっと盛ってる武勇伝を話したくなる私。

すごーい!私にはそんな事できなーい!

みたいなことをさらっとやってのける私。

カッコいいでしょ?

みたいな私、、!!!

ギャーーーーーーー出たーーーーーオバケーーー

的な!!的な!

あー恥ずかしい、あー恥ずかしい

アーーー恥ずかしい

を感じたら

なんか、そんな自分が可愛く思えたんですよ。

好かれたかっただけなんだなーー

すごーい、かっこいいーって思われたかったたけなんだなーーーって。

そしたらね

何が起こったかと言うと

急に

満たされた感覚に包まれた。

自分で自分を認めるって、こんなにも満たされるのかと

一瞬で、満たされるのかと。

誰かにかっこいいって言われなくても、思われなくても

かっこいいって思われたかったんだと自分が自分で認識するだけで

こんなにも満たされるのかと思いました。

私にとって快感なのは

かわいいね、よりも、カッコいいねで

そんな事普通出来ないとか

よくそんな事が出来たねとか

そう言う言葉がほしくて

そういう現実を作り出していたのかなーとも思うわけです。

やー欲しがるね。

だって嬉しいもんね、そこ褒められるの分かってるから

そこ出していくよね。

そして欲しい言葉を引き出そうとする。

今回は、その欲しい言葉が引き出せなかった事でモヤモヤを感じ

なんでだろうって思ったら

カッコいいね、すごいね、そんな事できなーいって言われたいとかいう

クソカッコ悪い、クソ恥ずかしい自分を見つける事が出来たわけです。

あー恥ずかしい。

恥ずかしい、ついやっちゃう自分の行動、認めたくない自分って

大っ嫌いな誰かとして現実に現れる。

認識してほしくて

現実に他人として現れる。

あーそういうかとなんだなって気づきがあったのでシェアします。

自分、という存在こそ魅力になる。

庭に咲いている可愛いクリスマスローズです。

下向きの花がすごく美しく思えるように

下を向いている人も、とても美しく見えたりするのかもしれない。

ただ寝転がって上を見上げる猫の顎がとてもかわいいみたいに

ただ寝転がって上を見上げる姿ものものがすごく素敵に思われてたりするのかもしれない。

エアプランツ の根っこが生えて着生しようと頑張る姿に感動するみたいに

地に足をつけて一生懸命頑張る姿が誰かを感動させているかもしれない。

強い日差しがキラキラ輝いていて美しいと思う

そこに存在するだけで、誰かにキラキラ輝いて美しいと思われているのかもしれない

自分では気がつかない

自分。

自分では否定してた

自分。

それが誰かを喜ばせてるかもしれないって思ったら

なんだかホッとしませんか?

嬉しいなって思いませんか?

気がついていても、気がつかなくても

とても魅力的なんです。

素敵です。

存在そのものが

魅力です。

アトピーとお酒

二十代の頃は朝まで飲めたんだけど、30をすぎたら飲めなくなってしまいました。

お酒を飲むとアルコールの成分で血管が拡張するので皮膚にいく血管も拡張、炎症は余計ひどくなります。血の巡りが良くなるから、見た目赤くなるやね。

身体が熱くなればかゆみも強くなるし

とはいえ、飲んでる間はなんだか脳が麻痺してるので痒くなかったりして。

医学的な正解を言えば、あんまり飲まない方が良いよって事なんだと思いますが

どちらがハッピーか?で決めたら良いのではと私は思います。

正解を選んでも幸せじゃなかったら、何を持って正解かと思うし

間違ったことを選んでも自分が幸せを感じれるならそれがあなたにとっての正解なんじゃないかと。

正しさ=幸せ=失敗しない

ではないですよ。

そうじゃない時もあるもの。

失敗したくない、間違えじゃないものを選択したい

その気持ちは分かるけど

失敗か、間違えか

何が正解かは

あなたの心が決めれば良い。

何が好きで

どんな時幸せかは

あなたしか分からない。

世の中に絶対なんかない。

自分で決めればいい。

飲みたいなら

飲もうじゃないか。

もっともっと輝きたいと思っているあなたへ

輝きたい

なんて思いが私にはあって

舞台で輝いている人を見ると、私もあぁなりたいって思ってしまう。

憧れの場所になんだかんだでいつも辿り着けるのだけど

あれだけ輝いていると思った場所は

その場所に立つと、全然輝いていないように感じた。

光を求めてその場所へ行っても、光がつかめないみたいに

届いた瞬間の喜びは、すぐに日常になってしまう。

輝きたいって思うって事は

今、輝いてないって思ってるわけで

頭では、そんな私も輝いているよって分かっているのだけど、輝いてないって思っている自分を否定しては前に進めないってのも分かってるから

輝いてないって思ってることをOKだして良いって思うの。

ローズマリーの花が咲いていて、小さな花で、緑の中で、ちんまり咲いてる花を見て

ローズマリーからしたら、いやいや俺の本気そんなもんじゃないし

もっともっと満開になれる!!って思うと思うの

だけど、小さなこの花も、可愛いよね。

私は、可愛いなって思って写真を撮った。

そんな風に、あなたは誰かに可愛いって思われているかもしれない。

でだ

私はここで気がつきました。

輝きたいって思ってる時

今、自分は輝いてないって感じてて

それは

自分はもっともっと力が出せる

もっともっと魅力がある

自分らしく振る舞えてないって事なんだ

今、その場所で

あなたは貴方らしく振る舞えていますか?

私は、今日

もう少し自分らしく振舞ってみようと思う。

少しずつ

少しずつ

内側の光を外へ出していこう。

功を急ぎ過ぎない、ゆっくりでも必ず良い方向へ向かっているから。

セドナの最大のパワースポットサンダーマウンテン。

功を急ぎ過ぎない。

早く解決して、どんどん先に進みたくなる。

手っ取り早く成功を掴みたくなる。

早くても3ヶ月で皮膚を改善したくなる。3ヶ月で10キロくらいダイエットして落としたくなる。3ヶ月である程度の成功の道筋を見つけたくなる。

だけど、現実は、そうはうまくいかないことも多い。

そして挫折する。やっぱり無理だったと嘆く。全然効果がないと失望する。

そんな風に、功を急ぎ過ぎてたなーって。

今なら思います。

早く夢を掴みたくて

早く良くなりたくて

焦ってた。

そんな事があなたにもあるのでは??

自分が上に行きたい!行きたい!と思うほど

それを足止めするような人や、出来事が起きたりする。それを人によってはドリームキラーと呼んだりするのだけど

何故そんな事が起こるのか。

それは、上へ上へ行きたいということは

イマココの自分を否定してるから。もしくは、少し前の自分を否定してるから。

出来てない

嫉妬する、悪口言う、頑張る、我慢する

一生懸命やる それは人によって違うけど

前の自分をかえたくて、捨てて上にいこうとしてるから。

前の自分が、ちょっと待ってと、待ったをかけてる。

あんなに頑張っていた自分を否定しないで

あんなに我慢してた自分を否定しないで

前の自分の生き方を否定しないで

私は、あなたは

ただ

もがいていただけ。

必死に、生きていただけ。

そんな自分を見つけたら

自分が前のステージを卒業して、上に上がりたい時は

前の自分が他人となって現れた時も

前の自分が声なき声で現れた時も

自分を労ってあげてほしいと思う。

声を聞いて

もがいてたんだな、必死で生きてたんだな

よく頑張ってたよなって

前の自分を認めていく

ステージは突然変わるけど

一気には変わらない。

皮膚も突然良くなったように感じるけど、一気には変わってない。

少しずつ、少しずつ

ゆっくりだけど、必ず良い方向へ向かってるのだ。

そして変わり目が突然訪れるだけ。

え?良い方向へ向かってない??

それはきっと自分の本当は進みたい方向が違うのかもしれない。

そんな時も、自分と向き合う。

自分は本当は何を望んでるのか

本当は何をしたいのか

本当は何をしたくないのか

親の意見じゃないよな?

友達の意見じゃないよな?

みんなのためじゃないよな?

常識的にとか、こっちの方が楽そうだとか

こっちの方がみんなが喜ぶとか

そういう風に決めてないよな?

自分は、何がしたいんだろう?

を自分で見つける時です。

焦らず、それでも着実に

望む未来は今ココの自分が体験するもんだ。

いつだって、希望はある。

虹。

もっと強くなりたい。

誰にも気後れせず

誰にもとらえられない

心にグンと強くある軸は

まだ細い。

もっと太く

もっと重く

誰も支配せず

誰にも支配されず

自由で

眩しい

心のまま、生きるぞ。

曇り空、赤いハイビスカス。私にとっての、本気で生きる。とは

今朝ベランダへ出たら赤いハイビスカスが咲いていました。

小さな苗から育てたのだけど、いつのまにか幹が太くなって枝分かれして、立派になってた。

いつかついてた傷は

いつのまにか治ってたりする。

今朝の腕。

色素沈着も、いつのまにかなんだか分からない。

一時期はあんなに悩んでた部位なのに。

多分、時間が解決する事は世の中に沢山ある。

グレーのまま放置してたら、なんとなくホワイトになる事だって、ままある。

私はなんだかシャカリキになって1か8かと生きてた頃よりもずっと緩んでる。

雨の日は雨で受けるしかないし

曇りの日は曇り空なのだ。

そうやって、雨を味わったり、曇りを味わったり、晴れを楽しんだり、嵐にワクワクして生きるのが

私にとって本気で生きてるって事なのかもしれないなって思う。

雨も、晴れも、曇りも、嵐も、あっていい。

あって良いんだよ。

自分が変わると、周りが変わるという言葉の罠。

よく引き寄せ界隈、心屋さん、本田晃一さんあたりがおはなししてる

相手は自分の鏡だから、自分が変わると相手が変わるという奇跡の物語。

たしかにね、たしかにそれも一理ある。

例えば、妻が変われは夫が変わる

子供が変われば親も変わる

親が変われば子供も変わる

彼女が変われば彼も変わる。

みたいに。

今自分の目の前にいる人は自分

自分の投影

たしかにそれは、そうだと思う。

だけど、今付き合っている人

仲良くしている人の中には

自分が変わってしまったら合わなくてなる人がいる。

自分が変わって

変わる相手もいる。

自分を大事にし始めたら

夫も大事にしてくれるようになった

彼も大事にしてくれるようになった

親も大事にしてくれるようになった

だけど

どれだけ自分を大事にしても

自分が自分に優しくしても

大事にしてくれない人もいる

優しくしてくれない人もいる

そう、相手ば変わらない。

鏡なのに。

だけどね!!!

だけどですよ、たぶんその時

自分は変わってしまったから

もう一緒には居られないんですよ。

選べるの。

自分じゃないでしょう。目の前にいるその人は。

明らかに鏡の中の自分じゃない。

だから、離れる。

それか、相手に合わせてまた前の自分に戻るか。

選べるの。

悲しいよね、自分が変わったら

愛したこと人が変わってくれるかもって思ってた。

だけど、変わらなかった。

私も、もう前の自分には戻れない。

あぁもう終わりなんだ。合わないんだ。

これだけやっても合わないんだ。

っとことは、まぁある。

悲しいけれど、まぁある。

もうどうしようもないくらい

寂しくて悲しいことは、まぁある。

あんなに大好きだったのに、別れるしかないことなんて、まぁある。

それでも私は

私の幸せを選びますか?

なのです。

自分が変わると、周りが変わるっている言葉は

自分が変わると、自分が付き合う人が変わるってこと。

相手が変わるんじゃない。

自分が変わって、自分が一緒にいたいと思える人が変わるということ。

貴方が変わっても

変わらない彼氏もいる

変わらない夫もいる

変わらない友達もいる。

貴方は、その人達とまだ一緒にいたい?

私は。私の幸せを選ぶ。

自分を生きていたとしても、貴方には、見せないだけ。

人間誰しも怒った顔、泣いた顔、笑った顔があるわけで。

なんかよく、自分を生きよう!!とか

正直に生きよう!!

怒ってもいい

どんな感情でも認めましょう。みたいな風潮ってあるじゃないですか。

まさにその通りだとは思うの。

怒ってもいいし、泣いてもいいし

どんな感情でも、OKだと思う。

だけどそれを表に出すか、出さないかは

自分で決めて良いんですよ。

無理にいつでも出そうとしなくていい

クッソむかつく。って思いながら、笑う時だってあるじゃないですか仕事してたら。

それを、自分を生きてない!!

って言われたりするのは違うなーって最近思ったんですよね。

人も場所も

選びますよね。

泣きたい場所、怒りたい場所は選んで良しって思います。

自分の感情を認める事は自分を生きる上で大事です。どんな感情でもOKだから。

だけど

その場で思った感情をその場で出さないからといって、それが本当の自分を生きていないのとは違うということ。

人間として今生きてる以上

人によって距離感が違うのは当たり前だと思ってて、それなりの人とはそれなりの距離感を作るのは自分を生きるとか生きてないとか関係なく当たり前なんじゃないのかな。

自分を生きろ!

怒りを出せ!

とかやんや言う人もいるけれど

別に自分で決めたら良いと思うんです。

いや、怒るでしょ。ふつうに、でも貴方の前では出さないだけ。

いや、泣くでしょ。ふつうに、でも貴方の前では出さないだけ。

そんなの当たり前にあるでしょう?

自分で自分を生きてるって思ったら

周りの声は気にしなくて良いのだ。

自分の出した答えにOKを出そう。

たとえそれが、5点だとしても。