子供を産んでいないという罪悪感を手放す

セドナ、バーシングルケーブ

子供を産むか産まないかって一度は悩んだりすると思うのですが

私も一時期悩んだ時期があって

子供を産まない自分は親不孝なんじゃないかとか

産みたいと思った時にはもう産めない年齢になっていて後悔するんじゃないだろうか

とか罪悪感と、不安が混じり合った感情になる事って私の場合よくあるんですね。

見ないようにしてたんですけど、そろそろ向き合って見ようかと思ってるんです。

子供自体はとても好きなので、子供ができたら大変なこともあるだろうけど、将来が楽しみだろうなとは思うんです

でも

育児に関してはまったくもってやりたくない。2時間おきの母乳?夜泣き?癇癪?

絶対イライラしてしまって、子供を叩いてしまうかもしれない

家を壊してしまうかもしれない。

そんな不安はやってみなきゃわからないよ

産むが易しよ

母親なら乗り越えられずはず

良い旦那さんに協力してもらえば良いじゃない

なんて言葉が浮かんでくるのですが、まったくもって不安が解消されないどころか

自分の子供を可愛いと思えないかもしれない

母になんてなれない

なんて気持ちが湧いてきて、全然ダメ。

ほんで、そこまで言うと、大抵の人は2種類の言葉を言います。

そんな風に思っているうちは子供なんて無理ね。

母親になったら自分の子供が世界一可愛いって思うわよ!

に分かれる。

おうおうおう、言ってくれたなと。

じゃあ子供なんか産まなきゃいい!

そう、その通りです。だから私は子供を持たないと言う選択をしているのです。

きっと、産んでほしい、子供を持つ幸せを感じてほしい、孫が欲しい、などあると思うのだけど

私は、ある程度育てる責任が親にあると思うから

自分がその覚悟が出来ないと踏み出せない領域だと思ってます。

そして

母なら子供が1番可愛いはず!

なんていう幻想じみた呪いのような理想が、母親を苦しめているかもしれないじゃないか。

自分の子供を愛せない親だっていると思うし、親を愛せない子供だっているとおもう。

子育てってそんなに簡単じゃない。

自分を優先したいうちは、きっと子供を邪魔だと思ってしまう。

だから、産めない。

子供を産まない事について、自分を責めて

なんて薄情なんだ

なんて親不孝なんだ

子供を可愛いと思えないなんて悪魔だ(言い過ぎか)

自分は女性としてどこか欠落しているのかもしれない

思うこと、それぞれあると思うんです。

罪悪感で自分を責めて、つらくて仕方がない。

でもね、本来産むか産まないかは自由ですよね。罪悪感を感じる事もないはずなんです。

そして、ひとつの結論に達する事で

私は自分の罪悪感から解放されました。

こんなにも、真剣に自分が育てられるかを考えた上で、無理だと判断した自分は偉いよね。

産んでみて、やっぱり無理だって手放すよりは全然良いよね。

それだけ、自分の子供のことを考えてるっていうのは

それもまた愛の一種なのでは?

でした。

そう思ったら、私は自分のことを誇らしく思えたんです。

なんだ、私

まだ見ぬ子供に愛があるじゃんって。

それだけ真摯に考えてたんだなって。

長年の罪悪感から解放された、自分を許せた

そんな考え方でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です